スタッフブログ

睡眠コンサルタント推奨!心地よく眠れるソーラーサーキットの家のヒミツ

2022/07/08

睡眠コンサルタントの友野なおさんによる、カネカのソーラーサーキットの家の体験記をご紹介します。

睡眠コンサルタント友野なおさんとは?

睡眠コンサルタント友野なお
株式会社SEA Trinityの代表取締役。千葉大学大学院 医学薬学府 先進予防医学 医学博士課程。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 修士。日本公衆衛生学会、日本睡眠学会、日本睡眠環境学会正会員。産業心理カウンセラー。2004年ミス日本受賞。 自身が睡眠を改善したことにより15kg以上のダイエット、さらに重度のパニック障害の克服や体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。著書に「毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック」(大和書房)、「昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方」(WAVE出版)などがあり、書籍は海外でも翻訳され発売中。テレビ東京「なないろ日和」、日本テレビ「バゲット」などメディア出演も多数。

引用元:カネカのお家 ソーラーサーキット

 

梅雨時期はムシムシ!夏は暑くて眠れない、エアコンをかけっぱなしだと体も光熱費も心配。こんなお悩みを家の機能で解決!?

6月のムシムシする梅雨時期と8月の猛暑の折、家族でカネカのお家 ソーラーサーキットのモデルハウスの体験をしてきました。こんな季節に快適に過ごすにはやはりエアコンに頼り切りにならないと難しいのでは・・・と思っていました。冬は服を着込めば暖かくできますが、夏涼しく過ごす服って難しいですもんね。期待半分疑い半分で行ってきたのですが、実感したのは、エアコンで温度を下げすぎなくても快適に過ごせるお家の秘密でした。

引用元:カネカのお家 ソーラーサーキット

 

二重通気工法で火照った建物を冷まし、心地よく眠れる部屋に整える

ソーラーサーキットでは、壁にも屋根にもアウターサーキット(外側)とインナーサーキット(内側)と呼ばれる2つの気流の通り道(通気層)を設けています(二重通気)。夏は通気層に床下の涼しい空気を通して家を冷ましています。

体感温度は、室温と湿度だけに影響を受けるわけではなく、身の回りの物から放出されるふくしゃ熱によっても大きく変化します。夏の夜は、窓を開けて外気温と室温を同じにしても、暑苦しさを感じます。これは日中に太陽の光によって壁や天井に蓄積された熱が体に放射され体感温度を上げるからです。

ソーラーサーキットでは、通気により壁や天井を冷まし、エアコンに頼り切らずにぐっすり眠れる環境を作っています。

引用元:カネカのお家 ソーラーサーキット

 

体感して実感! 住宅性能で快眠空間が得られる!

今回、ソーラーサーキットのモデルハウスを体感してみて、エアコンの力に頼り切らなくても住宅の性能でこんなにも快適で自然な涼しさを得ることができるんだと知りました。

寝具で工夫し睡眠環境を整えることも可能ですが、住環境が整っていることで廊下からトイレなどあらゆる部屋がすべて快適な温湿度環境でコントロールされ、覚醒刺激となる刺激が少なく、ストレスの少ないソーラーサーキットの家は、言葉通り「ぐっすり眠れる家」だと感じています。家を選ぶとき、間取りやデザインに目が行きがちですが、住環境は建ててからでは簡単には変えられないもの。家選びで大切にしたいポイントです。

引用元:カネカのお家 ソーラーサーキット

 

モデルハウスで体感してください

当社の長久手モデルハウスでもソーラーサーキットの家が体感できます。
ぜひ、ご自分でその心地よさを体感してください。

▽ご予約はこちら

ソーラーサーキットの家 体感モデルハウス

 


カテゴリー: オープンハウス, トピックス, 家づくりマメ知識  
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグ
  • ショールームを見る
  • 資料請求をする