構造・工法

安心・安全。一年中快適な住み心地で、家族をまもる

見た目の良さだけでなく、目に見えない部分の性能にこだわってこそ、本当に快適な暮らしができると考えています。
ジャストの家では、工法をひとつに限定せず、お客様のプランや間取りなどに応じて最適な工法をご提案しています。
また、しっかりとした断熱性能(省エネ等級として最高の等級「4」相当)をもつ家づくりにこだわります。


ジャストの家が採用する工法

2×4(ツーバイフォー)工法

正式には「枠組壁工法」といい、断面サイズ2×4インチの製材で枠を組み、それに構造用合板を張ったパネルで壁を構成していきます。部材は構造材からクギに至るまでサイズや施工方法が公的な基準によって厳密に規定されているので、出来上がりにバラツキが出にくいのが特徴の一つです。

特徴
  1. 床・壁・天井の「面」で構成され、がっちりした箱型の構造となるため、地震の揺れのような横から加えられる力に強い。
  2. 気密性が高い構造でもあるので、気密・断熱性の高い家ができます。各部屋の内壁・天井に火に強い石こうボードを張り巡らせているうえ、箱型構造が防火シャッターの役割を果たしているため防火性にも優れています。
  3. 設計では開口部にやや制限はありますが、洋風住宅ではほとんど気にする必要はありませんし、北欧風や和モダン、シンプルなど多彩なデザインにも幅広く対応できます。
日本ツーバイフォー建築協会

木造軸組工法

日本の昔ながらの住宅工法で、「在来工法」ともいわれます。基礎に土台をのせ、柱を立て、梁などの水平材を渡し、筋交いという斜めの材を入れて補強し、建物を支えます。骨組みが木材による横軸と縦軸、斜めの「軸」で構成される構造です。
最近では工場生産による高精度なプレカット材を導入したり、接合部を補強する金物も用いられるようになり、以前のような職人の技術力による品質の差は解消されてきています。

特徴
  1. 柱や梁の位置、長さが自由に決められるなど構造的な制約が少ないため、設計やデザインの自由度が高く、狭小・変形敷地に対応したり大きな開口部や吹き抜けなどもつくりやすい工法ですが、半面、耐力壁の量と配置が重要です。
  2. 価格的にもフレキシブルで、構造に使う木材や仕上げ材料を高級化したり、設計に凝ればコストは上がりますが、逆にコスト削減も可能です。
日本木造住宅産業協会

高気密・高断熱の省エネ性能

壁・屋根の断熱

断熱材

家全体を覆う断熱材「アクアフォーム」採用で年中快適
アクアフォームは、壁そして天井80mmを、現場で隙間なく吹きつけ施工します。家全体をすっぽりと覆うため、グラスウールの1.5倍もの高い断熱性が特徴です。また耐久性が高く、将来にわたって安定した断熱性能を発揮します。化学物質を使用せず、水を使って発泡させるため、アレルギーを発症させるホルムアルデヒドの心配がなく、環境にもやさしい断熱材です。

床の断熱

断熱材

旭化成が開発した、世界最高レベルの性能をもつ床充填専用のフェノールフォーム断熱材を採用。熱に強く燃えにくいフェノール樹脂で、F☆☆☆☆、4VOC基準に適合しています。経年劣化も極めて少なく、また環境にやさしいノンフロン発泡の断熱材で、グリーン購入法の適合商品にもなっています。

窓の断熱

断熱材

標準仕様では、樹脂サッシ(モンタージュ/クレイトシ)を主に採用しています。アルミサッシと違い熱伝導率が低いため、結露しにくい特徴があります。ガラスはアルガンガス入りペアガラスで、通常のペアガラスより10%以上断熱性が高く、またLow-E(遮熱ガラス)のため、夏の暑い東海地方の気候に適したものになっています。また、YKKAPやLIXILなども取り扱っています。
※一部用途地域によっては使用できない地域もあります。

詳しい資料をご希望の方はこちら