ジャストの家づくり(注文住宅)

05 耐久性能(劣化軽減)

木造建物の耐久性に大きく影響する防湿対策。
基礎からの徹底した防湿対策や壁体内結露の発生を抑制する通気工法に加え、
シロアリ対策にも配慮し建物の耐久性を高めています。


基礎からの防湿・防蟻対策

防湿フィルム

防湿フィルム

基礎下部には防湿フィルムを貼り、土中からの湿気を遮っています。基礎内への湿気の侵入に配慮しています

防湿フィルム

基礎内通気

基礎と土台は硬質樹脂製の基礎パッキンで絶縁、床下の全周面の換気を行い、土台の腐食を防ぎシロアリの棲みにくい環境を整えます。

基礎内通気

防腐・防蟻

シロアリの被害を防ぐには、緻密な防腐・防蟻対策が求められます。土台には防腐・防蟻処理を施した薬剤加圧注入材を使用し、床から立ち上がり1000mmまでの木部に防腐・防蟻剤を丁寧に吹付けています(浴室は天井まで対応)。薬剤には人体への影響が少ないものを使用しています。

防腐・防蟻

ヘッダー配管

給水・給湯に用いるヘッダー配管を採用。配管の点検・メンテナンスが容易にでき維持管理面でも優れています。

ヘッダー配管

耐久性の高い塗り壁工法

耐久性を高めクラックが入りにくく美しさを保つ塗り壁工法を採用。全5層にも及ぶ丁寧な施工によりクラックを大幅に低減し、長寿命化を実現しました。職人の手作業により多彩な表情の仕上げに対応可能です。

耐久性の高い塗り壁工法

外壁構造 通気工法

建物の耐久性を向上させる上で重要なのが壁の中の湿気が室内外の温度差によって水滴になる「壁体内結露」対策です。外壁と構造体の間に屋根に連続する通気層を設ける「通気工法」を採用することで、湿気を上部へ流し排出します。

防湿フィルム

サッシの防水

雨水漏れ対策として、窓開口の下部にはサッシ取付前に防水シートを貼り、サッシ廻りには防水テープを施工します。その後、透湿防水シートを貼り、再度防水テープを施工しています。

基礎内通気

屋根の防水

屋根にはアスファルトルーフィングを貼ります。雨水が入り込みやすい連結部分はすくい込みし二重貼りにしています。

防湿フィルム
防湿フィルム