お客様レポート

大人のヴィンテージ感が漂う洗練ブルックリンスタイルの家

customers 5 1

◆豊田市K様邸 家族構成/夫婦、子ども2人 / 竣工年月/2017年


遊歩道沿いに小川が流れる緑豊かな街並みに、ひときわ存在感を放つ家。それが今回ご紹介するK様邸です。
塗り壁にはスタイリッシュな黒を採用し、玄関は中央に配置して左右対称のシンメトリーに。
モールディングをあしらったブルックリン風の佇まいに、ゲストの期待感が高まるお宅です。

customers 5 2

中へとお邪魔するとそこはヴィンテージ感漂うLDK空間。床にはフランス産ボルドーパイン材を敷き詰め、深みのあるブルーのキッチン壁面やグレーのアクセント天井、そしてやわらかなオレンジ色の照明と美しく調和しています。ドアノブなどにゴールドを効かせながらアイアン手すりや格子窓の黒で引き締めるといった、細部にいたるまでご夫婦のセンスが息づきます。

また、どの空間もすっきりとしているのもK様邸の大きな特徴。
生活感を一切見せない工夫は、豊富な収納スペースにもヒミツがありました。大容量のウォークインクローゼットやキッチンパントリー、シューズインクロークのほかにも、階段下を生かしたニッチ収納など、さまざまな生活シーンの中で使い勝手を考えてコーディネーターとともにプランニング。
また、現在お子様の遊び場となるスキップフロアについては、「リビングに散らかっていたおもちゃが来客時もすぐ片付けられるスペース。ここは本当に作って良かったです」とうれしいお言葉をいただきました。

customers 5 3

リビング階段には中2階を設けてほどよい独立感のあるPC兼スタディコーナーに。ご飯の支度をしながらもフロア全体が見渡せ、遊びや勉強中のお子様を安心して見守れる間取りです。 さらにはリビングから庭へとつなげるタイルテラスも、K様邸らしさを印象づけるポイントに。「BBQやプール遊びをした時など、ちょっとした休憩スペースにもなっています」と奥様。テラスのある庭で思いきり遊んだり、室内では素足でもさらりと気持ちいい無垢フローリングで過ごしたり。お子様が伸びやかに成長し、家族らしさがあふれるライフスタイルを満喫できそうなお宅です。

customers 5 4

ヴィンテージライクな雰囲気のLDK。飾り棚をあしらったブルーのキッチン壁面は、空間のアクセントとなりながらパントリーの目隠しにも一役。そして中2階はカウンターを造作。お子様が絵本を読んだりお絵かきしたりする様子をキッチンからも見守れます。

customers 5 5

黒い塗り壁にモールディングを施したブルックリン風の外観。枕木そしてレンガ畳のアプローチ、タイルテラスも洗練された表情をプラスしています。玄関ドアはイメージに合うものをコーディネーターが探し出し、北欧から輸入したもの。


ママスペース

Point1

「私のいちばんの好きな場所は洗面室。ずっときれいに使いたいから、モルタルの洗面台はこまめに拭き掃除をする習慣がつきました」と奥様。収納棚も造作し雰囲気を統一しています。

洗面所

Point2

天井を高くし、ゆったりと家族やゲストを迎え入れる玄関。帰ったらすぐに三輪車やベビーカーもしまえる大型のシューズインクローゼットも重宝。

洗面所

Point3

お子様たちが大好きなスキップフロアは、秘密基地のようなおこもり感のある空間。おもちゃの片づけ場所にもなり、将来的は扉をつけて納戸とされる予定。


外観集合イメージ集合

お客様から一言

「外観はブルックリン風がいい」「キッチンの壁はブルーにしたい」など、インスタや雑誌で気になった写真はスクラップしてコーディネーターの古川さんとたくさんお話しました。すると「コレいい、やりましょう!」と共感してもらえるのが、すごくうれしくて。前例がないものでも希望に応えてくれるし、建具や取っ手も必要とあれば海外から調達してくれました。インテリアやニッチ収納についてアイデアがもらえるなど、まさにいっしょに作っていくような感じでとても楽しかったです。
そして営業担当の阪上さんは本当に何でも話しやすい人。土地探しから相談にのってくれて、この土地が実際に見つかった時は他社物件にも関わらず現地へ足を運んでくれました。また資金面でのアドバイスや造成についてもおまかせしました。

営業から一言

K様は家づくりに素敵なこだわりを持っていらっしゃるご夫婦。いくつかビルダーなどを検討されたとのことですが、自由度が高くコーディネーターが柔軟にプランニングできる、また金額面も魅力的という点で、ジャストの家をお選びいただきました。お打ち合わせを重ねる合間もオープンハウスを見学されたり、土地探しもお手伝いさせていただいたり。家づくりは完成したらゴールではなく、これからがスタートという気持ちを自分自身常に抱き、末永く良いおつきあいを続けさせていただけたらと願っています。



お問い合わせ