スタッフブログ

ジャストの家が掲載されている「ママ目線で建てる!自由設計の家」という住宅雑誌が、特別番組になりました。

vol9bg

その番組内で、ジャストの家のオーナー様邸が紹介されることになりました!

タレントの熊田曜子さんと芸人の煉瓦ホリオさんがオーナー様のお宅に訪問して、家のこだわりポイントをチェックしてくださいました。

ちなみに紹介されるお宅はこちら↓

IMG 7478

スキップフロアになったミシンスペースや、空間を有効活用したこだわりのキッチン、趣味のDIYを楽しむガレージがある素敵な1邸です。
「バイクガレージとホビースペースのある家」施工例ページ

IMG 7492

放映は3月12日(土)10:00~10:54 メ~テレにて。ぜひご覧くださいね。

なお、こちらのオーナー様邸にて、5月15日(日)にオーナー邸見学会&ハンドメイドの1day shopを開催予定です。
詳細はまたHPなどでお知らせ予定ですので、お楽しみに!

Instagram Icon Large

instagramで#ジャストの家の投稿が集まっています。
オーナー様の素敵な実例写真もちらほら。

ちなみに、ジャストの家の公式アカウントはjustnoieです。
お気軽にフォローくださいね。

20160228 1

毎日使うもののひとつ、電気スイッチ。
いろいろなデザインがあり、お気に入りのスイッチは触るたびうれしくなります。

20160228 2

せっかくつけたかわいいスイッチが家具などで隠れてしまわないように、位置には気をつけたいもの。
影響しそうな大きな家具の配置をあらかじめ考えて、スイッチの位置を決めましょう。

20160228 320160228 520160228 4

ジャストの家では、基本的に、電気配線についてはコーディネーターが必要なスイッチ・コンセントを計画します。動線を考えて、開き戸の吊り元の反対側や、子供が一定年齢になったら手が届く床から120cmの高さに、といった使いやすさを考慮してありますが、お持ち込みの家具などがある場合は、図面に記入してよりわかりやすく・使いやすいスイッチの位置を決定しています。
またコンセントは後から足りないとなりがちなので、自分よく使う電化製品をコーディネーターに伝えて、しっかり確認しましょう。
変更が可能なうちに現場で位置をよく確認することも大切です。

アンティークのスイッチには素敵なデザインのものがありますが、古いものは現在の規格に合わず使えませんので注意してください。(アンティーク”風”の新しいスイッチなら大丈夫です。)わからないときはコーディネーターに相談してみてくださいね。